気になるブローカー24オプション













指値注文

指値注文は指定した値段より高いと売る、あるいは指定した値段より安いとかうといった注文方法であり、逆指値注文はその名の通り指値注文の逆であり、指定した値段以下ならばうる、または指定した値段以上なら買うといった注文方法で、これらを活用してみれば自分にいい条件のレートになった時に自動的に決済をするといったことも可能になるのです。例えば、1ドル=100円で買ったときは1ドル=101円になったら決済をするといった指定にしておけば、自動売買が成立したら、1ドル当たり1年御利益が出るといったことになります。Closing Quote

24Optionはバイナリーオプションを3種類用意






iuruFXとBO投資初心者講座での取引では3種類のバイナリーオプションが利用可能です。3種類とも対象とする銘柄のレートが判定時間において、その購入時の価格より値上がりするか、値下がりするかを予測してくれるものです。その予測を基として、その他にオプションとしてレート幅などを追加することが出来ます。

高低オプションについて

バイナリーオプションにおいてもっとも基本となるのは高低オプションです。これはハイ・ローオプションとも呼ばれており、Nature Forexではこのハイローしか用意していないところもあります。対象となる銘柄を購入する時、もしくは取引を開始する時の価格について判定を行う時間に値上がりしているか、値下がりしてるかを予測するオプションになります。

取引時間途中の価格変動は反映されず、取引終了時間におけるレートによって値上がり、値下がりの判定を行います。バイナリーオプション購入の際の米ドル/円レートを100円だと仮定した場合、設定した終了時間に対して5分のちの価格が、100円よりも値上がりするか、値下がりするかを予測します。価格が変動せず同じ金額の場合には引き分けとなるので資金はそのまま全額返却されることになります。この高低オプションの中でも判定の間隔を60秒に設定するものを60セカンドオプションといいます。

ワンタッチオプションについて

判定時間までの間に最初に設定されているレートに到達するかどうかを予測するのがワンタッチオプションです。レートに到達するタッチ、もしくは到達しないと判断したらノータッチという選択を行います。判定時間までの間に一度でも到達すればそこでオプション取引は終了します。もし判定時間までに到達しない場合には、ノータッチとなります。

仮に米ドル/円のレート設定を100円と設定されていた場合、判定時間に到達する5分以内に一度でも100円に到達すればタッチ、到達しなければノータッチということになります。業者によってはこのようなオプションをタッチオプションと呼んでいるところもありますが、内容を良く確認するようにしないと別のオプションのことを言っている場合もあるので注意しましょう。

境界オプションについて
取引終了までの間に、ある幅で設定されているレートの範囲の中で価格が納まるか、あるいは範囲を超えて推移するかを予測するのが境界(レンジ)オプションです。仮にレートの範囲が米ドル/円において100円10銭~100円30銭という幅で決められていた場合、取引終了となる5分後までの間、その価格範囲の中で推移するか、その価格範囲よりも値下がるもしくは値上がりするのかのどちらかを予測します。

業者の中には、この境界オプションのことをタッチオプションと呼んでいるところもあります。その他にレンジオプションとして、取引の終了時間の価格が、ある幅をもった価格範囲の中で納まっているか、飛び出ているかを予測するものを取り入れている業者もありますので、各オプションの内容はきちんと把握しておくことが重要です。















































































All Rights Reserved at BinaryTop5.com